阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)で返金する方法はあるのか調査!

阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)は返金出来るのかそれともできないのでしょうか。

気になる方も多いと思いますので今回は調べてみました。

一般的に商品というのは返金対応しているところも多い印象ですが果たしてどうなのか確認していきましょう。

 

結論!阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)は返金出来るのか?

結果から先に言うと返金は難しいでしょう。

その理由を解説していきます。

まず返金が出来るものがあればできないものがあることをご存じでしょうか。

商品は一般的に2つのサービスの形があります。

1つ目は物質的な商品を販売するものです。スマホ、パソコン、バッグ、水などの「物質として存在しているものを提供する」ことでお金を得るというものです。

これは形がありますし、見たり触ったり出来るので分かりやすいです。

こういったものは商品が無傷なら返金することができるケースが多いです。

しかし、2つ目の形態である「形のない商品」については返金が出来ないパターンがほとんどです。

例えば英会話やレッスンなどのノウハウを提供するようなサービスは一度講習を受けたり、教えてもらうとノウハウを吸収することになります。

この状態で返金をしてしまうと相手はノウハウだけを持ち逃げされてしまいます。

そのため「形のない商品」といったサービスを提供している商品の返金は出来ないとされています。

まさに阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)もそれにあたるのでは無いかと思います。

 

阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)で返金出来てしまうとタダで稼げてしまう?!

つまり今回の阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライクで返金が許されてしまうとタダでノウハウを手に入れて稼ぐことができてしまうという訳です。

それだと運営会社である株式会社システムコネクトにも多大な損害が出てしまいますしビジネスとしては成り立ちません。

しかも、阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)に関してはHP作成・SNS集客代行といった業務の代行もあるのでそれを利用しているのにも関わらず返金するという事は出来ないと思います。

一般的に阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)を含む通信販売という商品は利用者が自分で吟味してから契約するので強引な形での契約は無いはずです。

さらに、ビジネスというのは色々なリスクがあります。

すぐには稼げないというケースも十分考えられますので少しやったくらいで返金をするような行為はみすみす将来の副収入を手放す行為になるのではないでしょうか。

今からでも遅くないです。

ネットの情報や現状だけで返金対応を要望するのではなくどうやったら稼げるのかを考えて行動する方がはるかに稼げると思いませんか。

最終的な判断は個人の自由ですが返金は最終手段でありまずは3か月程度は継続してみるのも良いのではないでしょうか。

返金を考えている人は要注意!稼げる可能性を潰してしまう?!

阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)の返金を考えている人は注意が必要です。

何故なら軽はずみな決断によって将来大きな損をする可能性があるからです。

今ライバーというビジネスは非常にアツくこれから先もどんどん拡大していくでしょう。

やがてはYouTubeを超えて稼げるビジネスになるのではないかという声もネットにはあります。

その理由は簡単で稼ぎ方が違うからです。

YouTubeは広告収益のためいくらファンがいても再生数が無ければ稼ぐことができません。

しかも再生数に応じて収入が増えるといっても単価次第では全く稼げないというケースは多いです。

その一方でライバーというのは投げ銭で稼ぐビジネスになります。

そのため短期間で大きな収益を得ることも可能です。

YouTubeより勢いがあるVTubeの中には年間で億単位の投げ銭をたたき出すクリエイターもいます。

もちろん、個人差もありますが投げ銭という方法はライバーも同じです。

ファンをしっかりと獲得すれば安定した収入を得ることも可能ですし実際ライバーとして活動し生活している人も沢山います。

とはいってもこれを自分でやるのは難しいという方は阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)を利用することで直接ライバーになるのでは無く発掘と育成に回り複数のライバーを育てることができれば大きな収益も見込めるのではないでしょうか。

ネットの情報に惑わされてしまい返金を考えているという方は将来稼げるかもしれないという可能性を潰すことになります。

今は色々なお金の稼ぎ方がありますが長期的に投資をして行くなら将来を考えて予測するべきです。

阿部哲也の株式会社システムコネクト(ライブライク)のように事務所的な動きをするビジネスはこれからも出てくると思いますが今からはじめれば将来スターになるライバーを見つけることができるかもしれません。

ライバーになるのでは無くマネージメントという形でライバーを育てていけば収入に関しても期待できますし少ない労力でも大きな利益を得ることができるのではないでしょうか。

返金ではなく継続を選んだ結果どうなるのか、それはあなたの行動次第で決まります。

後悔のない選択をしてください。